活動内容

目次

放課後等デイサービスとは

放課後等デイサービスは、支援を必要とする障害のある子どもに対して、学校や家庭とは異なる時間、空間、人、体験等を通じて、個々の子どもの状況に応じた発達支援を行うことにより、子どもの最善の利益の保障と健全な育成を図るものです。

子供たちへの支援(療育)は同時に保護者やご家族の皆様を安心していただけるものでなくてはなりません。
そんな想いのもと、誰もが安心し、満足いただけるサービスを心がけてまいります。

おおまかな一日の流れ

おおまかな一日の流れをご紹介いたします。
土曜日などの休日は、午前は主に宿題や学習活動を、午後は主に運動や就労活動を行います。
月1~2回ほど、地域交流として外出しての社会見学、買い物実習の実施、室内での調理実習などを実施予定です。

支援内容

学習支援

 宿題、算数や言葉の学習、絵画、音楽、読書など

運動支援

 リズム遊び、跳び箱・マット運動・トランポリン・バランスストーン・平均台等を使用してのサーキットトレーニング

就労体験

 園芸、工作、野外遊び、折り紙、お菓子作り、調理実習、公共の交通機関の利用体験など

日常動作訓練

トイレトレーニング、手洗い、うがい、挨拶、掃除や着替えの習慣作り、お買い物体験など

ハートフェルトの特色ある療育内容

「武道療育」

「放課後等デイサービス ハートフェルト」では、障害児に有効な「武道療育」を行っています

療育に「武道」(礼儀作法)を取り入れることで、発達障害の改善に繋がる部分がたくさんあります。

  • 人との関わり方の改善
  • コミュニケーション能力の向上
  • イマジネーション・創造性の向上
  • 注意力・集中力の向上
  • 感覚の改善
  • 運動能力の向上
  • 学習能力の向上
  • 情緒・感情の改善

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる